記事の詳細

あけび鍼灸院では、「丈夫な赤ちゃんを産める身体に“体質改善”すること」を主眼において不妊鍼灸を提供しています。

現代社会の環境は、心身のバランスを失調させやすいストレスの大きいものです。そして、そのような環境は、本来備わっている「子供を産む力」「子供を育てる力」を低下させていきます。しかし、自分の外の環境を変えることはなかなかできません。

重要なのは、自分自身を整えていくこと、に集中することです。

不妊の定義

一言で不妊と言っても、人それぞれ、不妊治療の始まりは違うと思います。

そろそろ欲しい、そろそろ出来てもいいはずなのに、と思っているのになかなか妊娠しない。「おかしいな、もしかしたら・・・・でも・・・・」、そう思い始めた時に、妊娠したりするものでもあり、なかなか難しいものです。

現在の不妊の定義では
「生殖年齢の男女が妊娠を希望し、ある一定期間、避妊することなく通常の性交を継続的に行っているのにも関わらず、妊娠の成立をみない場合には不妊という。
その一定期間については1年というのが一般的である。なお、妊娠の為に医学的介入が必要な場合は期間を問わない」
となっています。

少しわかりにくいですが、避妊しないで通常の性交を継続的に行っている場合に、1年間妊娠をしなかったら不妊の可能性がある、ということなのです。すでに何らかの妊娠のための治療を受けている場合は、すでに不妊ということもであります。

性交を継続的に行っていない場合など、そもそも条件として揃っていない場合は不妊ではないということになります。

また、「継続的な性交」というのは、実は難しいところかと思います。月経を周期として排卵日に近い妊娠しやすい期間というのがありますが、毎回その期間で性交をしていることを「継続的」とするのか、普段からスキンシップで「継続的」とするのか、またどちらが良いのか、頻度はどのくらいか、これも実際には答えがないところです。そもそも月経を周期とするサイクル自体が、一定でない場合も多く見られますし、そのような場合はどう考えるのかといった課題もあります。

総合的に考えると、期間としては「1年以上」、妊娠しやすい期間を含めて性交を月に複数回行っている場合で、妊娠が認められない場合に「不妊」の兆候がある、とみなすということでしょう。

ママになりたいという想いが不妊治療を支える

先ほどの不妊の定義によれば、ある程度は自分が不妊の兆候があるかどうかの判断は出来るかもしれませんが、実際には状況は複雑です。

妊娠という視点では、妊娠はしているものの、流産している場合は不妊ではないのか。
子宮外妊娠しているが、これは不妊と呼ぶのか。などです。

様々な状況やケースがあり、それぞれに悩むことも違ってきます。

ただ、いずれにしてもご本人とそのご家族にとっては
「この手に赤ちゃんを抱けない」ことが事実であり、本質的な課題なのです。

不妊なのか、未妊なのか、不育症なのか・・・そういったことを調べても調べても「この手に赤ちゃんを抱けない」という事実は変わらないのです。

原因や状況は違っていたとしても。状況に照らし合わせて、「不妊」であることを認識すること。そして、そして、「赤ちゃんをこの手に抱く」というひとつの目標に対して、取り組んでいくことになります。

不妊治療は、頑張れば、努力すれば、必ず報われる訳でもなく、最終的にはやはり授かり物であり、神様のみが知るということがあります。出来ることは条件を整えることなのです。そのためには、粘り強さも必要になってきます。

ただ、「妊娠」というひとつのマイルストーンを目標にして、
「妊娠したい」
「もう一度このお腹に宿したい」
「ママになりたい」
「パパにしてあげたい」
そういう想いが、不妊治療を支えていきます。

悲観的にならず、現時的に努力をして、状況を常に楽観的に捉えて受け入れていくこと。現実的楽観主義、とでもいうのでしょうか。そういった心持ちも支えになります。

不妊治療に臨むには、気持ちの面でのしなやかさが重要です。それはあなたにもきっと備わっています。

不妊治療に臨んだ一例あけび鍼灸院が提供する不妊治療が目指すもの

これまでに事例も含めてご紹介してきたように、不妊治療には様々な原因や状況があり、一括りにすることは適切ではあります。

一人ひとり、状態は違っていますし、置かれた環境も異なります。

しかし、「子供をこの手に抱きたい」という想いは誰しも持っている共通の願いであり、それを叶えるお手伝いをしたいのです。

あけび鍼灸院の不妊治療では、鍼灸のみならず、体の状態を見ながらマッサージなどの施述方法をとることもあります。それは、その本人にとって必要なことだと判断されるからです。状況にあわせて適切な対応をする。同じように、状況にあわせて適切な対応がご自身でも図れるように、体の動かし方やストレッチの方法などもお伝えしていきます。

心身共に、しなやかであること。どんなことが起こっても、またバランスを取り戻すことができるように強くあること。そのためのサポートを全力で提供していきます。

関連記事

お問合せ

電話ご予約・お問合せを
TEL.03-3906-5797

ご予約以外の問合せは
TEL.050-3699-5797

ページ上部へ戻る