記事の詳細

毎日育児を頑張って、忙しい日々を過ごしてきた患者様。

いつまでも若々しくいたいという思いを持ちながらも、子供優先で、なかなか自分のことまで頭が回らない。ある日鏡を見ていると、「あれ、まぶたが垂れてきているような・・・」。
そこで、まぶたが垂れてきていることに気がつきました。

日々の疲れとともに悪化するがどうしようもない。とりあえずアイプチで対処するも完全には解決にいたらず、美容整形も考えるようになりました。
ひと月に一度、体のメンテナンスで当院にいらしゃっており「瞼の垂れ下がりは良くなりますか?」とご質問を頂きました。

まず、瞼が垂れ下がる理由をご説明致しました。

体が常に緊張しており、全身の筋肉が緊張して疲れが溜まっている状態になっていました。

それによって、体の血液を中心に体液の循環が悪くなっていたのです。それがもっとも顕著な形で出てしまう場所の一つが、まぶたなのです。

そこでまずは背中のマッサージとリンパの流れを良くしてから、眠っている筋肉を目覚めさせる鍼で、全身の緊張をとることからスタートしました。
それにより体の緊張を解き、基本的な体液の流れを正常に戻します。

さらに、お顔の表面の筋肉について、同じように筋肉の柔軟性を正常に戻す鍼施術を行います。一般には知られていませんが、顔には瞼に関係する眼輪筋はじめ
16種類の筋肉が存在しており、顔の血流に大きく作用しています。

今回のお客様の場合、特に大・小頬骨筋が緊張していたので、そこから施術を行いました。

顔の筋肉は細いので疲れやすく、また意識していないと使わないのですぐに弱ったりしてしまいがちです。鍼で緊張を取ったのちはメンテナンスのためのストレッチとして顔のマッサージや表情筋を動かすことを簡単に行うようにアドバイスさせていただきました。

施術5回目ほどで、顔の体液循環は正常に戻り、血色も良くなりました。
ご本人によるとアイプチも入らず以前より目元もはっきりパッチリし「肌の艶も出てきた」
とのお話でした。

あとは定期的に確認するだけで問題ないと思います。

顔の筋肉は私たちが思っている以上に小さく、そして繊細です。また一つ一つを意識しにくいので、的確にどこを治すのがいいのかがわかりにくいものです。鍼灸師は鍼のスペシャリストですが、筋肉にも精通していますので、的確にポイントを捉えることが出来るのです。

今回は眼瞼下垂というお顔のトラブルですが、お顔だけなく、あけびは全身治療もいたします。

全身から血流を良くして、お顔にも綺麗になった血液を巡らせます。

ママが元気が一番です。

あけびでは、育児中のママを応援してます。

 

関連記事

お問合せ

電話ご予約・お問合せを
TEL.03-3906-5797

ご予約以外の問合せは
TEL.050-3699-5797

ページ上部へ戻る