記事の詳細

スタッフ櫻井です。
今回は、妊娠中に妊婦が遭遇するトラブル(マタニティトラブル)について、その第1位である便秘・痔についてです。

便秘・痔は妊娠中のトラブル1位

下記は妊娠中によくある問題(マタニティトラブル)について調査されたものですが、つわり、お腹の張りを超えて1位となっているのが「便秘・痔」です。

かなり多くの方が後経験される便秘や痔ですが、ここではその原因について考えてみましょう。

妊娠中に便秘・痔になる原因とは

生理前になると、下痢や軟便になる方がいますが、高温期から低温期に移行が始まるので体温が下がるという、女性特有のホルモンの働きによって引き起こされるものです。

そのホルモンの代表的なものは、生理周期の排卵前までの卵子を作る「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と排卵後の子宮内膜を厚くさのせる「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が知られています。

特に、このプロゲステロンが妊娠、出産に備えた体に変化させます。

体の栄養や水分を外へ出さない様に蓄えようとするので、代謝も上げないようにもします。
そして、腸の収縮運動も抑制するので便秘になりやすくなります。

妊娠が成立しない場合には、生理の少し前からプロゲステロン分泌量が低下し、抑制されていた代謝や腸の運動が逆に活発になり、便が出やすい、下痢になったりします。

妊娠が成立しや場合には、このプロゲステロンが継続なので、腸の収縮運動や抑制されたままなので便秘になりがちです。

また、妊娠すると、お腹が出でくる=胎児が大きくなるので腸も圧迫されて便秘になります。
痔は、腸の収縮運動が低下している上、赤ちゃんが大きくなるにつれ、小腸⇨大腸⇨直腸と上から重圧がかかることでなります。

大腸には、排便反射機能もあり、直腸壁の伸展⇨骨盤神経⇨排便中枢⇨直腸収縮となってます。
お腹が大きくなると、腰にある骨盤神経も圧迫されるため、この反射機能も弱くなり、便秘になります。

妊娠中の便秘を改善する方法とは

この妊婦さんの便秘・痔ですが、解決策はあります。
大切なのは原因を知った上で、適切に体を動かせるようにすることです。
鍼治療という選択肢もありますが、体の変化にあわせて体かし方を変化させること。これが最も自然且つ合理的なやり方です。

しかし、その方法というのはなかなか知られておらず、個々人の骨格などを考慮して選択していく必要があります。
あけび鍼灸院では妊婦さんの体調に合わせながら、あけび独自の腸収縮運動促進体操も指導してます。

貴重な妊娠期間。
奇跡の連続である妊娠中を少しでも快適に出来るお手伝いをさせて頂いてます。

関連記事

お問合せ

電話ご予約・お問合せを
TEL.03-3906-5797

ご予約以外の問合せは
TEL.050-3699-5797

ページ上部へ戻る