Select motion理論

自然な状態を取り戻すこと

あけび鍼灸院の施術や治療、セラピーの考え方の中心にあるのがセレクト・モーション理論(Select Motion Theory)です。

昔は「病は気から」と言われていて、気持ちや気分が落ち込んでいると体も不調になると信じられてきました。
つまり、心の状態が体の健康を左右するという考え方です。

ところが、落ち込んでいるときに気持ちを無理矢理ポジティブにしてみても体は一向に元気なるどころから、気持ちは余計に落ち込んでしまったりすると思います。あるいは周りのポジティブな人に励まされてもイラッとしてしまって、そんな自分に嫌気がさしてしまう・・・。心を無理に変化させようとしたり、頭で考えて何とかしようとしても上手く行かないことが多いのです。

では、どうすればいいのか。

まずは何か無理に変えようとするのではなく、身体の声を聞くことが大事なのです。それが本来の自然な状態を取り戻す第一歩なのです。

身体は疲れているのに頑張ってしまうあなた、本当は休みたいのに身体に鞭打って仕事をしてしまうあなた。本当に頑張っていると思います。

疲れている時は休むということは自然なことなので、まずはその自然な状態から思い出してみることから始めてみましょう。理論を学ぶ前に、大前提としてしっかり身体を休めることは自然なことであるというのを思い出す必要があります。

心の状態は、身体の状態が決める

最新の脳科学や心理学の研究では「体が心の元気を決める」ということが明らかになってきました。
「楽しいから笑顔になる」と一般的には信じられてきましたが、最新の研究によると「笑顔にしていると脳が反応して楽しくなる」ということがわかったのです。
つまり、体が先で心は後から付いてくる。実は「病は体から」なのかもしれないのです。

「病は体から」と言っても、何もしなければ体は元気になることはありません。
体が喜ぶこと、体が元気になること、体を癒すこと、を体にしてあげる必要があります。

その基本となるのが「SMT動作」の考え方です。

あけび鍼灸院では、不妊治療や痛みの除去などの施術、アスリートやランナーを中心に動作の解析とトレーニング指導を行ってきましたが、
その中で元気な人と不調になりやすい人の動作(=体の使い方)には大きな差があることがわかってきました。

その差を解析し、研究した結果、導きがされたのがSMT(セレクト・モーション・セオリー)です。

人間の体には骨と骨、関節と関節をつないで動きを作るための筋肉が約400個あります。その400個の筋肉をどのように使うのか、どこの筋肉を使うのか、が健康であり続けられるか、不調になりやすいかのを決定付ける大きな鍵になるのです。

SMTの基本

そして、その鍵とは「体の前の筋肉グループ」と「体の後ろの筋肉グループ」の二つのうち、どちらを優先的に、意識的に使うかということなのです。

少し解説をしていきましょう。

前の筋肉グループですが、その名の通り、体の前面側にある筋肉のことです。正面から体を見たときに見えている筋肉のほとんどが対象です。
代表的なものでは、腹筋(服直筋)、大腿四頭筋、胸筋などがあります。顔の筋肉もそのグループに入るものがあります。

これらの筋肉は、現代人の生活には欠かせない重要な役割を担う筋肉群であります。パソコンでキーボードを打ったり、何かモノを作ったりするなど、細かい動作を行う場合に必要になる筋肉です。人間が文明を生み出していく過程で、多く利用するようになった筋肉群なのです。

しかし、元々はこれらの筋肉は、獲物を狙うときに使ったり、誰かを攻撃したり、あるいは防御したり、または寒いときに体の体温を保つために丸くなったりするなどの場合に使う筋肉群なのです。したがって、この筋肉群には「守る」「閉塞」「固定する」「縮む」という要素があります。

人間がまだ野生で狩猟生活をしていたころには、敵から身を守ったり、道具を作るためにこの筋肉群は非常に重要だったはずです。しかし、現代では元々の役目は忘れ去られる一方で、細かい作業など、より多くの機会でこれらの筋肉群を使うようになっています。

では、後ろの筋肉グループはどうでしょうか。これらは基本的には体の後ろにある筋肉群なのですが、背骨とくっついていたり、背骨と関わる筋肉群がメインとなります。代表的なものでは、広背筋、臀筋、ハムストリングスなどがあります。腸腰筋もこの仲間に入ります。

後ろの筋肉のグループは本来人間が自然の中で生活していたころに、自然につかっていたものなのです。これを最大活用し、活用の仕方を取り戻すことで、人間が本来もっていた力や活力を取り戻すことができるようになります。

セレクトモーション理論の基本はこの考え方に根ざしています。

お問合せ

電話ご予約・お問合せを
TEL.03-3906-5797

ご予約以外の問合せは
TEL.050-3699-5797

ページ上部へ戻る